Archive for 9月, 2012

Post

定期預金と普通預金

In 定期預金を満喫しよう! on 2012年9月17日 by admin

みなさんは「銀行にお金を預ける」と当たり前のように言いますね。自分たちのお金を預けているイメージがありますが、motto強気の立場で言えば銀行にお金を貸しているのと同じことなのです。この考え方でいけば「とりあえずず銀行に私のお金を貸してあげましょう」というのが普通預金です。銀行はその分資産が増えますから運用して銀行は利益を得ることができます。

これに対し「しばらく使う予定も無いから、3年ほどお金を貸してあげるよ」期間を決めて貸しているようなこと、それがつまり定期預金です。もちろん、期限を決めて約束したのですから、こっちの都合で簡単には返してもらえません。普通預金であろうと、定期預金であろうと、銀行はお金を貸してもらったお礼として、銀行は借りたお金より少し多めにあなたに返します。つまりこれが「利子」です。

こういう意味で考えると、まずあなたが預けているお金をどうしたいのか。資産を増やしたいのか、保護のために預けているのか、いずれは下ろすのか、いずれかの方向性によって普通預金か定期預金か選んで活用すればいいと思います。特に定期預金は5年後に家を建てるとか、人生設計のために資産を増やしておくときには格好のサービスだと思います。

あと、最近は金利が低いので望めませんが、利子があることも魅力です。もちろん定期預金のほうが利子は高いので、資産を増やしたいときには当然見逃せない部分です。最近ではネット銀行の方が利子が有利なことが多いので、さまざまな金融機関を比べて理想の金融商品を選びましょう。

定期預金と普通預金 はコメントを受け付けていません。