Archive for 1月, 2014

Post

東京スター銀行の金利

In 効率化を進める銀行である東京スター銀行 on 2014年1月28日 by admin

銀行の金利は普通預金、定期預金とでは違いますが、多くの銀行では、同じ預金の種類であるなら、金利はほとんど変わらないといってもよいでしょう。

東京スター銀行では、金利において効率化による効果が現れている銀行となっています。また東京スター銀行は、経営面の効率化を行なうことに努力している銀行とされ、その経営の効率化を進める東京スター銀行の金利は、他の銀行よりもやや高めであることを特徴としています。これは、東京スター銀行が店舗を減らすことによって経費を抑えることにより、効率化を実現したということにあるようです。

東京スター銀行の金利については、たとえば、普通預金では、0.03パーセントとなっていますので、一般銀行な都市銀行の0.02パーセントよりも金利が高いことがわかります。また、定期預金においては、3年もので、0.15~0.20 パーセントとなっていることから、一般的な都市銀行の0.03パーセントに比べて金利が高いものとなっていることがわかります。

これらの金利を見ていると、東京スター銀行の経営効率化の効果が反映され、金利に還元されているということになっています。そのことから、東京スター銀行は店舗を持って通常のサービスを維持しながらも高い金利を提供できることを実現している銀行といってもよいでしょう。

そして、ローンにおいての金利は低いことが特徴となっています。このように店舗をもつ銀行であっても店舗をもたないインターネット銀行とは違った存在感をもつことになっているのです。

東京スター銀行の金利 はコメントを受け付けていません。