Archive for 5月, 2014

Post

東京スター銀行のデメリット

In 効率化を進める銀行である東京スター銀行 on 2014年5月12日 by admin

東京スター銀行の「おまとめローン」では、複数のローンをまとめることにより、返済期間が長くなりますが、返済期間が長くなると、総支払利息が多くなることになります。毎月返済する金利が下がり、負担が減っても、総支払額が変わらないといこともあります。この点について詳しく計算するべきでしょう。

また、東京スター銀行の住宅ローンは、魅力のある内容であることからメリットが多くあるのですが、実はデメリットとなる点もあります。預金連動型住宅ローンでは、預金を引き出すと金利が上がることになり、預金残高が減るほど、金利面においてはデメリットとなります。そのことから、預金が減る方にとっては不利となるのです。

例えば、もし預金が2,000万円あり、住宅ローンが3,000万円であるなら、初回に差額の1,000万円に利息がかかることになります。負担は通常の3分の1となるのですが、預金が減ってしまうと、金利が上昇することになるということになります。借り入れやローンがあり、預金が増える見込みがない方では、デメリットとなる点があることを理解しておく必要があるのです。

また、近く預金が引き出す予定がある人においても、この住宅ローンではメリットがないということになります。

なお、東京スター銀行では、住宅ローンが利用できるのは60歳までとなっていることもデメリットとしています。さらに、借入時の事務手数料や一部繰上返済手数料がかかることをデメリットとしています。

東京スター銀行のデメリット はコメントを受け付けていません。