Archive for 8月, 2014

Post

アベノミクスの特徴

In 景気回復に導くアベノミクス on 2014年8月4日 by admin

アベノミクスは、第1次安倍内閣のときに初めて使われた言葉です。このときは、小泉政権で行なわれてきた小泉構造改革を継承しているものであったことから、今のアベノミクスとは目的や意味は違ったものでした。

アベノミクスは、第2次安倍内閣になってから、マスコミによって用いられるようになり、今では安倍政権の経済政策として広く知られるようになっています。第2次安倍内閣の政策では、第1次安倍内閣の政策とは異なり、景気回復のためにデフレ経済を克服する政策といった中身なのです。

第2次安倍内閣のアベノミクスでは、政府や日本銀行がデフレ脱却のために、今の物価上昇率に対して一定範囲の目標を定めて金融政策を行ないます。この政策によって目標値まで物価の実現を目指します。

第2次安倍内閣のアベノミクスは、デフレ経済を克服して景気回復に導くことを目的としています。アベノミクスでは、3本の矢といった基本方針を掲げています。アベノミクスは、政府と金融機関が一緒になって物価上昇に関する成長率を設定し、これを目標として金融政策を行なっているのです。これは第1次安倍内閣の時よりも金融政策に重点を置いた内容となっていることが特徴です。このようにアベノミクスは、景気回復のために、デフレ状態からの克服を目指して政府と日本銀行が協力して金利政策を行なっています。

また、アベノミクスでは、大規模な公共事業といった財政政策、民間投資による成長戦略などの政策が行われています。これらの政策では、建設などの公共投資を行ない、財政政策もしっかりと行なっていることが特徴です。

さらに成長戦略としての民間投資では、景気回復以外の効果を期待する政策となっているのです。

アベノミクスの特徴 はコメントを受け付けていません。