Archive for 9月, 2014

Post

アベノミクスのメリット

In 景気回復に導くアベノミクス on 2014年9月3日 by admin

2012年に第2次安倍内閣が発足し、安倍総理大臣は、さっそく景気回復に関する経済政策を掲げています。この安倍政権における政策は、ロナルド・レーガンのレーガノミクスにちなんで、アベノミクスという造語が使われるようになっています。

アベノミクスは、デフレ状態から脱却するために行われている政策です。アベノミクスは、3本の矢といった基本方針によって景気回復を期待するものです。この基本方針では、まず、2%という物価上昇率を設定する金融政策を行い、この物価上率を目標として、さまざまな政策が行われます。

また、アベノミクスでは財政政策として大規模な公共事業、成長戦略のための民間投資による成長戦略を3本の矢としてデフレ克服を行ないます。この政策では、政府や日本銀行による金融政策が行われているため、物価の上昇と円安効果が期待できるとされています。また、財政政策により、雇用が増えることから、失業者を減少させて所得を増やすことができるようになるのです。

アベノミクスは、政府と金融機関が一緒になって物価上昇に関する成長率を設定し、これを目標としています。アベノミクスでは、物価上昇による輸出の増加や雇用の増加、そして、企業の利益が増えることにより、所得の増加が期待できるようになるのです。

このように雇用が増えて所得も増えるようになると、家計にゆとりができるようになります。財布の紐が緩むようになり、購買力も上がるため、輸出企業だけでなく、多くの企業においても利益が上がって株価が上昇するのです。

これらの効果によって、アベノミクスではデフレ状態からの脱却を達成することができるようになるとしています。そこで、3本の矢で政策を行なうアベノミクスは、景気がよくない日本経済を正常なものとしてくれるようになると考えられています。

つまり、アベノミクスによって多くの企業は業績がよくなり、雇用や所得が増えるようになるため、景気回復を確かなものとしてくれるようになるのです。

アベノミクスのメリット はコメントを受け付けていません。