Archive for 12月, 2014

Post

アベノミクスと日本経済

In 景気回復に導くアベノミクス on 2014年12月24日 by admin

バブルが崩壊してから日本は景気がよくない状態が20年も続いてきました。金融機関は、多くの不良債権の処理に追われ、企業への貸し渋りも多くなっていたのです。また、金利が低く、給料も増えないことから、所得が増えないといったことになっていたのです。さらに日本は失業率が高い状態も続いているため、いま景気回復が望まれるようになっているのです。

このように景気が悪い状態では財布の紐がきつくなります。物が売れず、企業の業績もよくない状態なのです。また、為替については日本の景気がよくなくても、円高の状態であるため、輸出関連については伸びていません。つまり、バブル崩壊以降は、円高、低金利、物価が低いといったデフレ状態となっているのです。

しかし、最近、日本では多くの金融機関が不良債権に関した問題が終わるようになっています。そのことから、本格的な景気回復が見込めるようになっています。

小泉政権から経済政策を継承した第2次安倍晋三内閣では景気回復の政策が行われるようになりました。第2次安倍晋三内閣は、デフレ状態から克服できるような政策を行なっていることが特徴です。いま日本の景気がよくないのは、物価が安く、円高の状態にあるとしているため、このデフレ状態から抜け出す政策を行なう必要があるとしています。

安倍晋三が行なうアベノミクスは、デフレ克服のために2%の目標物価上昇率を設定して、政府と日本銀行が金融政策を行なっています。この金融政策によって消費者物価は上昇し、デフレ脱却ができると考えられています。

物価上昇によって企業の業績がよくなると株価も上がり、利益は増えます。また、金融政策による円高は輸出企業の業績の改善に影響を与えるようになるのです。さらに、アベノミクスでは、公共事業による財政政策、民間投資による成長戦略を行なうことによって所得や雇用が増えるようになります。これにより、デフレ脱却による景気回復が行えるとしています。

アベノミクスと日本経済 はコメントを受け付けていません。