Archive for 3月, 2015

Post

東京都民銀行の特徴

In 人と人とのふれあいを大切にする東京都民銀行 on 2015年3月16日 by admin

東京都民銀行は、戦後の金融をスムーズにするために設立された銀行です。主に東京都民銀行は中小企業と個人に対して融資を行なうことによって、戦後経済に役立ってきた銀行といってよいでしょう。この銀行は、当時、東京商工会議所と東京都の支援によって設立され、頭取は、旧日本興業銀行系の出身者が多いことを特徴としています。

東京都民銀行は、いま1,500人を超える地方銀行としては比較的に大きな銀行です。中小企業においては、東京都民銀行をメインバンクとするところが多くあり、地元の利用者が多い銀行という特徴がみられるようになっています。

また、東京都民銀行は、東京の都心に本店を置く銀行であっても、他の金融機関とは違い、東京の中小企業や個人から支持されている銀行です。

そのようなことから、東京都民銀行は、戦後、東京の銀行の中でも地域に密着した銀行ということがわかるようになっています。また、現在、港区という都心に本店を置くようになってからは、新しい商品やサービスを展開するなど、首都東京の銀行らしく積極的な営業を行なう銀行という特徴が見られます。

最近、新たな展開として、東京都民銀行では、八千代銀行と金融持株会社「株式会社東京TYフィナンシャルグループ」を設立しています。これにより、経営が強化されたことから、更なるサービスの向上が期待されています。

また、東京都民銀行では、最近、生体認証機能付ICチップを搭載したカードを取り入れたセキュリティシステムを導入しています。また、クレジットカードでは、Jリーグチーム「FC東京」と提携した「FC東京 JCBカード」を発行するなど、地域社会に貢献できるようなサービスの実施が行われるようになっています。

東京都民銀行の特徴 はコメントを受け付けていません。