Archive for 6月, 2015

Post

東京都民銀行のデメリット

In 人と人とのふれあいを大切にする東京都民銀行 on 2015年6月15日 by admin

東京都民銀行は、東京では人気のある銀行の一つとされています。都内には店舗やATMが多く設置されていることから、利用者には便利な銀行といってよいでしょう。

東京都民銀行は、地方銀行として地元中小企業や個人から長く親しまれてきた銀行です。しかし、東京都民銀行の場合、店舗は他行に比べて少ないだけでなく、東京以外でも店舗や自行ATMが少ないという傾向があります。

この銀行は、東京以外においてはあまり進出していません。そのことから、東京都民銀行は、東京以外では、店舗はほとんどないことから、東京を出た場合、メリットが少ない銀行とされています。

ATMの利用においては、自行ATMがないところでは、東京都民銀行と提携しているセブン銀行のATMも利用できます。しかし、セブン銀行の場合、コンビニに設置されたATMを日中無料で利用できますが、時間外の利用では、利用ごとに利用手数料が必要となります。また、他行のATM、セブン銀行以外のコンビニATMでは、すべての利用において利用手数料が必要です。

このように、東京都民銀行は、東京に本店を置いて営業を行なっていますが、地方銀行ならではのデメリットが表われるようになっています。この点において、東京都民銀行は、全国に支店を多く持つメガバンクや都市銀行とは異なる点をデメリットとしています。

また、東京都民銀行は、都民による利用を対象とした銀行であるため、都民以外は利用できないというサービスが目立つ銀行です。たとえば、この銀行の人気クレジットカードは、実質、都民しかつくれないとされています。

そのようなことから、東京都民銀行は、東京では使いやすい銀行なのですが、東京以外では利用しにくい銀行といった特徴が表れるようになっています。

東京都民銀行のデメリット はコメントを受け付けていません。