Post

定期預金の仕組み

In 定期預金を満喫しよう! on 2012年6月27日 by admin

みなさんは、そもそもどれくらい定期預金のことをご存知でしょうか。そもそも定期預金とは、普通預金と分けられることができるので、必然的に生活口座と貯める口座を分けることが出来ますから、お金が確実に貯めることができるのです。総合口座の定期預金なら、普通預金口座が残高不足担っているときでも、定期預金学相当分を貸し付けてくれるので、急な支払いがある時も安心です。

それに定期預金は元本保証です。何か銀行にトラブルがあったときでも、元本は法的に保障されますので財産の保護にもつながります。それに定期預金は普通預金より利息はいいので、なんとなく定期預金を続けてきた人でも、この機会に見直して欲しいです。いくら利息がつかないといっても、利息が多いに越したことはありませんからね。

定期預金の仕組みとしては、預けてから一定期間は引き出せないことを理解しておきましょう。もちろん満期日まで原則として引出しが出来ないので、必然的にお金がたまります。銀行としても自らの資産として運用に使えるので、しっかり預けてもらう分、普通預金と比べると金利は高くなっています。

定期預金の預入れ期間は、法律で所定の期間が定められています。基本的に最短では1ヶ月。以降2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年と期間が延びていきますが、最長10年まで定期預金を扱っている銀行もあります。また自分で満期日を指定することのできる定期預金商品もあります。自分の資産運用計画と照らし合わせて活用しましょう。

定期預金の仕組み はコメントを受け付けていません。